アラフォー英語学習者の私が日本に居ながら外国人と交流する方法をまとめたブログ

語学交流.com

Uncategorized

初参加のMeetupランゲージ・エクスチェンジ・イベントの収穫は?

更新日:

「ランゲージ・エクスチェンジ」という英語の学習方法を知り、緊張しつつさっそく初さん参加するまでのいきさつを前回の記事にて触れさせていただきました。

今回の記事では私の参加させて頂いた渋谷のカフェでのランゲージ・エクスチェンジのイベントが具体的にどのような内容だったのかについて触れさせていただきます。

日本語10分、英語10分を繰り返す

カフェのイメージ画像

初めての参加したランゲージ・エクスチェンジ・イベント。
ただでさえ人見知りぎみな私が、10歳以上年の離れた若者に囲まれて緊張状態はMAXに達していたと思います。

しかし以外にも皆さんとはすぐに打ち解けることができました。

理由のひとつは、このランゲージ・エクスチェンジ・イベントでは私のようなビギナー参加者でも打ち解けられるような様々な工夫が随所になされているの点です。

具体的には、
例えば会話で使用される言語は「英会話のみのパート」と「日本語のみのパート」で10分ずつ交代します。

私のように英会話初心者は日本語パートで頑張っておしゃべりすれば外国の方とも意志疎通が可能です。

日本在住の外国人の方々もよい日本語の練習の実践の場となるため、このシステムはどちらの言語の話者にとってもwin-winの仕組みと言えます。

会話のきっかけとなる「トークカード」が用意されている

20代の若者に囲まれた私にとって最大の懸念事項として「会話」が続くのかが心配でした。

何しろ相手は若者です、10歳以上年の離れた若者達と何を話せばいいのか?
話題が合うだろうか?
しかし、この懸念事項もすぐに解消しました。

各テーブルには簡単な会話のテーマが書かれた「トークカード」が用意されていて、会話にはこの「トークカード」を利用しました。

それぞれのカードには会話のテーマが書かれていて、その質問に答えるだけで人見知りぎみの私でも、無理なく自然に楽しく会話が出来ました。

「トークカード」の内容はだいたいこんな感じでした。

もしあなたがスーパーヒーローならどんな特殊能力がほしい?

もし宝くじで100億円あたったら何をする?

これまでで一番記憶に残っている旅先の思い出は?

etc...

英語でのコミュニケーションで感じた「解放感」

無理なく会話に入れたもうひとつの理由としては、英語と日本語の構造の違いがあるのかなと思いました。

日本語には「敬語」があります。
良い悪いは別としてあえて年代で「差異」を産みだすよう設計された言語です。

一方、英語には相手との距離に応じた丁寧な(Polite)言葉遣いはあっても、日本語のような複雑な体系の「敬語」はありません。

英語を話す若い方々は普段から後者の言語を使い慣れているせいか、自然とコミュニケーションにおいても「壁」を作らない習慣があるように感じました。

ジェネレーションギャプのイメージ

彼らが内心どう思ってたのかわかりませんが、
少なくとも私は初めから自然と打ち解けられたように感じたし、
「ジェネレーションギャップ」なども特に感じることなく楽しい時間が過ごせました。

これは英語話者の方々にとっては当たり前すぎて意識しない感覚かもしれません。
しかし日本語ネイティブである私にとっては新鮮で、ある種の「解放感」に似たような感覚を初めて味わいました。

まとめ

当初の目的である「外国人の友人」こそ出来ませんでしたが 、
今回Meetupのイベントに初めて参加して、本当によかったなと思いました。

「日本人の友人」さえ少ないの私がたった1回イベントに参加しただけで「外国人の友人」ができるとは思っていません。

それよりも、「英語によるコミュニケーション」で新鮮な「解放感」を感じられたこと。
その結果「英語」が「楽しい」と感じられたことが私にとって一番の収穫でした。

当初、「外国人の友人」をつくることは「英語を話すの動機」として大事だと考えたからでした、ですから「英語が楽しい」と素直に感じられた今回のイベント参加は大成功だっと言えます

「楽しい」と感じることこそ物事を継続する最大の「動機」です。

私にとっては 冒険だった今回のランゲージ・エクスチェンジ・イベントへの参加。
イベントが終わって緊張感が去って、大きな収穫があったとで気持ちが大きくなっていたことも手伝い、この後私は大きな決断をすることになります。

その決断について具体的な内容はまた次回に書かせて頂きます。

-Uncategorized
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 語学交流.com , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.